年長フリーターの就職

フリーター就職

フリーター 正社員年齢の限界

フリーターから正社員、年齢制限ってある?

フリーターから正社員に就職する場合、年齢制限ってあるのでしょうか?

「やりたい仕事がないからまだフリーターで良いかな」

「正社員になると自由が無くなる気がする。まだ若いし時間に自由が利くフリーターで良いかな」

職歴なし社会人未経験。

いつか正社員就職しないとな・・・と思いつつ、フリーター生活を続けている方も多いと思います。

フリーターから正社員になるために就活をスタート。
しかし、内定が貰えずに就活に苦戦中・・・20代後半で就職しやすい年齢が気になっていて、という方もいるかもしれません。

この記事では、フリーターの年齢、正社員として就職するための年齢制限について調べて、情報をまとめています。

既卒、大学中退後など、就職せずにフリーターやニート生活を続けてきた・・・という方も多いのではないでしょうか。

フリーターにはメリットもあります。私もフリーター生活は無駄では無かったと思っています。

しかしフリーター歴も長くなり、20代後半、30歳を超えて30代も過ぎていくと、感じるのはデメリットばかりです。

そのうち詰むといって良いでしょう。

職歴なし社会人未経験、フリーターから正社員になるためには「年齢」がとても重要です。

正社員求人の年齢制限

正社員求人には直接的には、年齢制限は書かれていません。

しかし、企業が中途採用を行う場合、人材採用の年齢についても指示がある場合が多いです。

明確な年齢制限が無くても、人材採用の責任者には、

「大学中退、既卒、フリーターなど未経験者の中途採用は27歳まで」

「業界経験のある即戦力なら35歳まで」

といったように年齢について指示があったり、おおよその年齢の限界はあるものです。

人柄が良さそうだから、と40代の未経験者を採用する訳にはいきません

そもそも30代以降は即戦力でマネジメント経験であったり、専門性を求められる中途採用が多くなります。

未経験者を採用して教育している余裕は無い、という企業が多いです。

今だと40代から早期退職の対象になり始める企業も多いですからね・・・。

職種にもよるでしょうけれど、採用してからの教育コスト、一人前の戦力として活躍出来るまでの期間、スタッフの平均年齢など様々なことを考慮しなくてはなりません。

極端な例ですが平均年齢が20代前半の職場に40代の未経験者、はあり得ませんね。

上司になる人も超やりずらいでしょう・・・

一般的には未経験、フリーターから正社員就職しやすい年齢は29歳まで、と言われます。

求人サイトでも、30歳を超えると未経験者歓迎の正社員求人は激減します。

大学中退、既卒、フリーターやニートの就職支援サービスを提供している就職エージェントでもサポート対象年齢が29歳まで、というところは多いんですよね。

フリーターから正社員になるための年齢制限。

就職を目指す業界・職種によって差はありますが、年齢制限はあると考えた方が良いでしょう。

様々な方の就職体験談を拾っていくと、30代前半、34歳くらいまでが職歴なし社会人未経験、フリーターから正社員になる年齢としては限界ではないでしょうか。

どんな仕事でも良いなら、フリーターの年齢制限は無い

警備員のアルバイト
正直いうと、どんな仕事でも良いのであればずっとフリーターを続けることは出来ます。

フリーターに年齢制限はありません。

一応、フリーターとは「年齢は15歳から34歳」と定義されていますが、あまりそこまで気にして言っている人も少ないでしょう。

学校を卒業、もしくは中退してアルバイトしている人はフリーター。
そんなイメージではないでしょうか。

人がやりたくない仕事、低収入で良いのであれば、アルバイトは体が動くのであれば何歳になっても見つけることは可能です。
(求人の有無は地域にもよります)

清掃、警備、工場・・・年齢を問わず、アルバイト募集を行っている仕事は見つかるものです。

しかし、そうした将来は今フリーターの方のほとんどは望んでいないのではないでしょうか?

いつか正社員として安定した生活をしたい。

40代、50代でアルバイト生活は厳しいです。

ずっと手取り10万円、頑張って月の手取り15万円前後で一生暮らすのは大変厳しいです。

貯金も出来ないでしょう。

体調を崩してアルバイトが出来なくなったら、生活にもすぐに困窮してしまいます

フリーターから正社員就職の年齢の限界、を考えると40歳が区切り

フリーターから正社員で就職を目指す場合、年齢的に限界を考えると30代、39歳までがギリギリの年齢ではないでしょうか。

今後の働き手の高齢化がどう進むかにもよって中途採用の変化もあるかもしれませんが。

職歴なし、空白期間の長さに比例して就職は難しくなっていきますし、40歳の未経験者を教えるのも・・・という企業は多いでしょう。

フリーター、ニートといった人は20代にもいますので、あえて40代の未経験者を採用する理由はない、といえます。

実際には、40代でフリーターといった場合には何かしらの事情があるのかもしれません。
しかし、採用する企業としては事情があったとしても、中途採用するには難しい人材であることは間違いないでしょう。

40代になってから就職先を探そうと思っても、アルバイト・パート、契約社員、といったところが中心になってくるといって良さそうです。

フリーターでずっと大丈夫?

アルバイト生活

まだフリーターでいいや、という方もいるかもしれません。

アルバイトもフルに働けば時給にもよりますが、月収15万円以上など稼ぐことは出来るでしょう。

とりあえず生活出来てるし・・・ということで、ずるずるとフリーター生活が長くなる人も多いようです。

フリーターを一生続ける、というのはお金の面でとても厳しいといえます。

若い間は体力もありますし、もし働けなくなったら・・・といった不安も無いと思います。
また、親の介護の心配もあまりしないでしょう。

しかし、40代、50代になると体力も落ちて体もキツくなります。
仕事も重労働なものしかアルバイトも見つかり難くなりますので、大変です。

持病も出てくる人も多いでしょう。

それでも、生活のために休めません。

フリーターは老後のための貯金が出来ない

そして給料もずっと時給制ですし増えません。
人によっては20代の頃よりも月収は減るかもしれません。

当然、フリーターだと老後のための貯金も難しいです。
毎月、ギリギリの生活費でしょうから。

正社員として働いてる場合、多くの企業では様々な手当がありますし、勤続年数に応じて基本給が昇給していく場合が多いです。

ボーナスもある企業が大半です。

正社員とフリーターとでは生涯賃金には大きな差があります。

一生で稼ぐお金が3倍以上、差があるといわれています。

フリーター 約6,000万円

正社員求人 約2億円~2億5千万円

人により稼ぐお金は異なりますが、確実にフリーターと正社員とでは生涯賃金に差が出ます。

基本的に正社員は年を重ねる毎に収入が増えます。

フリーターは年を重ねる毎に収入が減ります。

こうした現実を理解することで、少しでも若い間に正社員就職をした方が良い、と気づく事も大切かもしれません。

20代、年齢が若いほど就職活動は有利!職種も選びやすい

特に東京都は正社員求人が多いエリアです。

フリーターから正社員就職を目指すにも、未経験者歓迎の正社員求人が多いですしフリーター就職支援サービスもたくさんあります。

こうした就職支援サービスや就職サイトを駆使して就活をすれば、就職できない、といったことは無いでしょう。

20代は未経験者歓迎の正社員求人が多く、就職を考えるにあたり職種もまだ選びやすいといえます。

年齢が上がるにつれて、応募出来る求人の職種は制限されていく傾向がありますので注意が必要です。

未経験から就職しやすい職種

フリーターやニートといった人、職歴なし社会人未経験からでも就職しやすい職種として、

  • 営業
  • 事務
  • ITエンジニア
  • 販売・サービス
  • 介護

などがありますが、こうした仕事も年を取る毎に応募出来る求人が減っていきます。

営業職や介護職に関しては30代後半でも人手不足により求人は見つけやすいといえます。

しかし、事務職やITエンジニアは中途採用の場合、年齢が重視されます。

30代以降は就職は非常に厳しくなる職種といって良いでしょう。

ただし、ITエンジニアに関しては、スクールなどでプログラマーなどになるためのスキル、知識を身に付ければまだ就職に間に合う、といえます。

20代前半フリーターの就職

年齢別に考えると、20代前半はポテンシャル採用が最もされやすい、といって良いでしょう。

適応力も高いと考えられますし、素直さもある年齢、と受け止められます。

また採用して戦力となってから活躍出来る期間も長いこともプラスの材料です。

年齢的に20代前半は未経験でも普通、と考えられているためやる気、仕事への熱意があれば採用されやすいといえます。

20代後半フリーターの就職

20代後半フリーターの場合、アルバイト歴もそれなりに長くなっていることから、アルバイトを通じて何を学んだか、身に付けたのか、といったことも問われるようになってきます。

それと共に、志望動機なども内容が求められるようになります。

そうしたこともあり、徐々に書類選考や面接が通りにくくなってきた、と感じる人が増える傾向があります。

年相応が求められると、フリーターは厳しいといえます。

30代前半フリーターの就職

一般的に、30代の場合には即戦力が求められる年齢です。
企業も入社してすぐに成果を出して貰いたいと考えています。

そのため、未経験者歓迎の正社員求人それ自体が激減します。

それでも、職種を選らんで探すことで30代前半なら応募可能な正社員求人を見つける事が出来ます。

あまり求人を選んでいる余裕は正直無い、という年齢になります。

広く就職先を探すため、求人を選び過ぎずに業界・業種の研究などをすることが重要といえるでしょう。

30代も利用可能なフリーター就職支援サービスもありますので、そうした就職支援サービスを利用する方法もおすすめです。

フリーター正社員になるための就活は年齢が重要!

フリーターになった理由を教えてください

面接でフリーターの人が聞かれる質問の一つです。

フリーターになった理由も色々あると思います。

「やりたい仕事が無かったのでフリーターになった」

「ミュージシャンになりたかったのでアルバイトしながら頑張ってみた」

「就職活動に失敗して既卒、仕方無くフリーターになった」

就職を考えた場合、空白期間の長さが重視されます。
年齢も同時に上がっていることになります。

ここまで見てきたように、30代になってからの職歴なし社会人未経験の就職活動は厳しいものになります。

就職支援サービスを利用しても、紹介出来る求人がタイミングによっては無く待つ必要もあるでしょう。

できれば20代の間に、就職しやすい年齢の間に将来を見据えて就職活動に取り組まれる事をおすすめします。

フリーターから正社員就職できる年齢の間に

27歳、28歳、29歳と年齢が上がってくると、30代、40代の自分、将来への不安が大きくなってくる人は多いと思います。

20代の間は、

「フリーターでも大丈夫、生きていける」

と思うことがある人は多いかもしれません。

しかし、30代、40代でそう思っている人はほぼいないでしょう。

不安でいっぱいです。

そうした不安から逃れるためにも、フリーターから正社員に就職することが重要になります。

実際、就職支援サービスを利用する人の中では、就職活動を始める方の多くは将来への不安が大きくなったことがきっかけで就活をスタートするケースが多いということです。

フリーターはお金の面で苦労します

フリーターだと結婚、子供を持つのも難しいです。

毎月ギリギリ、貯金するほどお金に余裕が無いフリーターの人も多いでしょうから、老後への備えも難しいです。

就職の事を考えた場合、多くの業界でアルバイト経験は職歴として見られない事が多いです。

就職するには、仕事への熱意を買ってもらいポテンシャル採用を狙うことが重要になります。

フリーターから正社員就職を目指すためには、年齢が若い方が有利になります。

ポテンシャル採用してもらいやすい20代が絶対におすすめといえます。

↓ではフリーター向け就職支援サイトをご紹介しています。

⇒ フリーターから正社員になるための就職サイト

20代から34歳まで利用可能な就職支援サービスもありますので、こうした内定率の高い就職活動の方法も検討してみてください。

-フリーター就職
-

Copyright© フリーター ニート 就職支援サイト , 2020 All Rights Reserved.