大学中退者 就職向け正社員求人

大学中退 就職

大学中退 就職 求人

大学中退者 就職向け正社員求人

大学中退者の就職は、求人を選んで応募することも就職成功率を上げるために重要になってきます。

やりたい仕事だから、憧れていた仕事だから、といったことで中途採用の求人に応募を続けていては、いつまで経っても正社員になれないといった可能性もあります。

企業の顔となる広報・プレスの仕事がしたい!と思っても、大学中退後の就職活動で狙うには、ハードルが高い職種です。

同様に就職が難しい職種はたくさんあります。
将来的に転職を目指す、といった考え方も必要といえるでしょう。

まずは正社員就職し、キャリアをスタートさせることが大切です。
もちろん、ブラック企業は避けて就職を目指しましょう。

大学中退が採用されやすい、就職しやすい職種の求人に絞って探すなども重要なポイントです。

大学中退者 就職向け求人を見つけるにはどういった求人サイトなどを利用すると良いでしょうか。

大学中退者向け求人の取り扱いが多い求人サイト、就職サイトについてもご紹介しています。

厳しい大学中退者の就職、就活方法が大切になります

大学中退後の求人探し

大学中退者の就職は厳しくなります。

大学中退後の就活では、中途採用枠への応募となります。

その場合、1名のみ採用、といったことも多いです。

そこに多数の応募者があることが普通ですから、ライバルと比較されると大学中退者は経歴、スキル、社会人経験などの面で不利になることが多くなってしまいます。

企業の中途採用、特に人気の職種であったり給与が高いなど待遇の良い求人には、

  • 業界経験者・即戦力
  • 異業種転職希望者
  • 第二新卒
  • 場合によっては新卒者

といったライバルの応募もある可能性があります。

大学中退フリーター・ニート、職歴なし社会人未経験、といった応募者はどうしても不利になってしまいます・・・

未経験者歓迎の正社員求人であっても、第二新卒や業界経験者が応募していることはよくあります。

大学中退者のみ応募可、職歴なしフリーターのみ応募可、といった求人があれば良いのですが・・・それも難しいでしょう。

正社員就職を目指す場合、就活までの空白期間が長くなればなるほど、就職が難しくなっていきます。

内定率が下がる、ということです。

正社員就職のことを考えるのであれば、大学中退後の空白期間(フリーター歴、ニート歴)はできるだけ短くすることが重要となります。

どうして大学を辞めた?大学中退の理由

大学中退の理由として多いのは、文部科学省の調査によると、

  • 学業不振
  • 就職
  • 転学
  • 経済的理由
  • 一身上の都合

などが多いという結果が出ています。

単位不足による留年、学費が払えないことによる退学など。

転学などの場合にはまだ学生生活が続きますから別ですが、退学後に収入を得るために働かなくてはならない人も多いでしょう。

しかし大学中退者の進路として、正社員就職ではなくてアルバイト・パートといった非正規雇用での働き方をする人がとても多いです。

これから大学を中退しようかな、とお考えの方もいると思います。

大学を辞めた後の進路はどう計画されていますか?

また既に大学中退した方では就職活動の時期に迷っている方も多いかもしれませんね。

大学中退者の就業状況(学歴別)

大学中退者が正社員になるための就職成功率ですが、空白期間が長くなるにつれて下がり、就職が難しくなっていきます。

大学中退後、アルバイト・パートなどフリーターとして収入を得て生活する人は57.1%と半数を超えます。

ニートも8.2%となっています。

(厚生労働省から令和元年に出された資料より)

厚生労働省の資料

引用:若年者雇用対策の現状等について 厚生労働省資料
(PDFファイルが開きます)

大学中退者は「高等教育中退」の部分です。

大学を中退した後、すぐに正社員就職するのではなくアルバイト・パートとしてお金を稼ぎ生計を立てる方がとても多いです。

フリーターの平均月収は12万円~15万円といった金額になります。

実家暮らしならお小遣いも多く使えて余裕があるかもしれませんが、ひとり暮らしだと貯金の余裕も無く、生活がギリギリといったところではないでしょうか。

フリーター期間別、正社員就職成功率

フリーター期間別、正社員就職成功率の資料も見てみたいと思います。

大学中退後、フリーターから正社員就職に成功した人の割合についての資料ですが、フリーター期間が長くなるほど基本的には下がっていきます。

厚生労働省 資料 フリーター期間別就職率
(フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳))

引用:若年者雇用を取り巻く現状(厚生労働省資料)より

(フリーター期間:正社員になれた割合)

6ヶ月以内 : 64%
7ヶ月~1年 : 58.3%
1~2年 : 52.2%
2~3年 : 58.9%
3年以上 : 48.9%

大学中退した直後~半年くらいは就職成功率は高めですが、その後の期間になると就職成功率が下がっていきます。

3年以上のデータはありませんが、年齢が上がる(空白期間が長くなる)と就職成功率が下がるのは想像できるところです。

大学中退者の就職向け正社員求人とは

大学中退した後の就活時期はいつでも好きな時となります。

そろそろ正社員になろうかな・・・と就活を始める際、就職を成功させるためのポイントについても意識してみてはと思います。

就職成功率が少しでも高くなるような就活方法がおすすめです。

大学中退者の就職向け職種の求人として、

  • 未経験者歓迎、未経験歓迎、職歴なしでも採用されやすい職種の求人
  • 技術、スキルが身に付く仕事
  • といったことで探していくと、

    • ITエンジニア
    • 営業職

    の2つはおすすめの職種となります。

    大学中退者が就職しやすい職種

    大学中退者が就職を考える場合、就職しやすい職種、仕事としては例えば、

    • 営業職
    • 販売・サービス
    • ITエンジニア
    • 事務
    • 介護
    • 警備
    • 工場
    • 清掃

    などがあります。

    しかし、正社員として就職しキャリアをスタート、これから先も働くことを考えた場合には、スキル・技術が身に付く仕事を選ばれることをおすすめします。

    そう考えると、ITエンジニア、営業職は大学中退者の方におすすめの仕事です。

    営業職

    営業職として大手広告代理店に就職

    大学中退、フリーターやニートといった方も正社員就職を目指しやすい職種です。

    求人サイトや就職支援サービスでも、最も営業職の求人が多いはずです。
    需要がとても高い職種といえます。

    営業の仕事はどの業界でも求人数が多く、高卒から応募出来る求人がほとんどです。
    そして未経験歓迎です。

    営業職は人柄重視、営業に取り組む姿勢が採用基準として重視されるためですね。
    大学中退者でも採用される可能性が高い職種のひとつです。

    営業職は今後も需要が無くなることはないでしょう。
    そして高年収を目指すことも出来る仕事です。

    売る技術は商材が変わっても活かせる営業マンが多く、転職がしやすいというのは年齢が高くなってからとても大きなメリットです。

    これからの時代、40代、50代で転職活動をしなくてはならない可能性があります。
    大手企業も早期退職を次々に募集する時代です。

    それ以前に、売り上げに貢献する営業マンははリストラされることは無いでしょう。
    業界を広げると様々な働き方の営業職の求人が多く見つかるようになります。

    高年収が目指せるのも営業職の魅力です。

    大学中退(高卒)の給料としても、高年収を得やすく、営業はインセンティブが付く企業も多いですよね。

    実績を挙げれば年収800万、年収1,000万オーバーも狙える企業もあります。

    大学中退者、フリーターやニートから正社員就職を目指しやすい職種として、営業職がまず挙げられます。

    ITエンジニア

    ITエンジニアとして就職

    人手不足が続くIT業界では、プログラマーやシステムエンジニアを始めとして、様々なエンジニアが不足しています。

    高卒以上であれば学歴を理由に応募不可となることはないでしょう。
    ほとんどの求人に応募可能です。

    大学中退、職歴なし未経験者であっても十分に採用されます。
    ただ、中途採用の際、年齢は重視されますので若い方が採用されやすいといえます。

    ITエンジニアをおすすめする理由は手に職を付けられるということ、また将来性が期待される数少ない業界ということが挙げられます。

    スキル、経験を身に付けることで将来フリーランスとして独立して働くことも可能です。

    女性エンジニアも増えてきています。

    エンジニアは転職しやすいということも、おすすめする理由です。

    大学中退の就職におすすめ求人サイト

    大学中退した後の就職活動で、こうした営業職やITエンジニア、販売・サービス、事務職などの求人情報を得るには、大学中退・既卒・フリーターやニートに特化して就職サポートを行っているサイトの利用がおすすめです。

    営業職の仕事は基本的にはどの就職支援サイト、求人サイトを利用しても情報を得やすいといえます。

    ITエンジニアの仕事に関しては、タイミングによって求人数などは変わることがあります。

    入社してからどういった仕事をすることになるのか、といったことも事前に情報収集することが大切です。

    担当者がついて就職をサポートしてくれますので、企業の詳しい情報を得やすいというメリットもあります。

    業界研究・職種研究・企業研究が就職成功に大切です

    大学中退後、就職活動をしてみて応募できる求人の少なさであったり、書類選考で落ちることが多い経験をすることで学歴や経歴の不利さを実感したり・・・といった方も多いかもしれません。

    しかしだからこそ、焦って就職活動をしないことが大切といえます。

    そうした時期に選考が進みやすい企業と出会い、内定が出たりするとあまり深く考えずに「これで就活が終わる、正社員になれる」と入社を決めてしまいやすくなります。

    選考が進みやすい場合、ブラック企業である可能性もあります。

    また、やりたい仕事では無いのに入社した場合には、働き始めてから「やっぱりこの仕事ではない」と退職したい気持ちになる可能性があります。

    いずれにしても早期退職の可能性があり、

    大学中退+早期退職

    という経歴になってしまうと、再就職をするのが非常に難しくなります。

    正社員として就職するからには、

    「長く安定して働ける会社」

    「スキルが身に付く、経験が積める会社」

    「ホワイト企業」

    などへの就職を目指すことが大切ですね。

    そのためには、厳しい就活になるかもしれませんが、しっかりと業界研究・職種研究・企業研究を行い、就活を進めて行くことが大切となります。

    大学中退者にもおすすめ就活方法、書類選考が免除すぐに面接を受けられる就職支援サービス

    大学中退者の就職活動の方法として、書類選考が通過出来ない、と悩んでいる方には特におすすめなのが、書類選考が免除すぐに面接を受けられる就職支援サービスを利用する方法です。

    書類選考が免除され、すぐに面接を受けられる就職支援としては、

    ⇒ ジェイック

    ⇒ DYM就職

    ⇒ 就職shop

    などがあります。

    こうした就職支援を利用する方法も、おすすめです。

    それぞれの就職支援サービスが利用出来る地域は異なりますが、東京都をはじめ主要都市に拠点があり利用することが出来ます。

    またジェイックやDYM就職などは期間限定で地方でも利用出来る場合もあります。

    時期により異なりますので、各公式ページをご覧になってみてください。

    ご紹介したジェイック、DYM就職、就職shopが保有している求人は、学歴・経歴を問わない企業からの求人ばかりとなります。

    営業、エンジニア、販売・サービス、その他様々な正社員求人が時期によって扱われています。

    求人サイトほど膨大な求人を扱っている訳ではないですが、担当コンサルタントからのサポート、企業の詳しい情報、ブラック企業を除外しての求人紹介など、利用するメリットは大きいといえます。

    実際、体験談などから大学中退フリーターやニートの方も多く就職に成功しています。

    就職活動をして面接が確実に受けられる、というのは大きなメリットではないでしょうか。。

    大学中退後、空白期間をあけずに就活がおすすめ

    大学中退者の就職活動は、空白期間が長くなるほど厳しくなります。

    最初の方で見たデータからは、フリーター期間が3年を超えると成功率が半分以下となることが分かります。

    さらにフリーター期間が長くなると、成功率も下がっていくでしょう。

    30代以降のフリーター・ニートの就職の厳しさは想像以上と思います。

    先ほどご紹介した大学中退者向け正社員求人を多く扱っている就職支援サイトなどを活用すれば、就職成功率を上げて就活をすることが出来ます。

    ⇒ 大学中退の就職におすすめ求人サイト

    大学中退後の就職活動に、ぜひ活用してみてくださいね。

    大学中退者の就職 関連記事

    大学中退 就職 東京都 おすすめ就職支援サイト

    東京都で大学中退後に正社員就職を目指す場合におすすめ就職支援サービスを厳選してご紹介しています。

    -大学中退 就職
    -,

    Copyright© フリーター ニート 就職支援サイト , 2020 All Rights Reserved.